不動産 権利

  1. 八木貴弘司法書士事務所 >
  2. 不動産 権利
不動産 権利に関する基礎知識記事や事例
  • 親や配偶者が借金を残して死亡した場合親や配偶者が借金を残して死亡した場合

    相続の対象となる財産には、預金や家、土地などといったプラスの財産だけではなく、借金やローンなどといったマイナスの財産も含まれます。そのため、もし親や配偶者などの親族が借金などを残して死亡した場合...

  • 相続登記とは相続登記とは

    相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を被相続人から相続人へ名義の変更を行なうことをいいます。 遺産分割協議が合意に至った後、土地などの不動産を相続した時、その名...

  • 遺言書作成の流れ遺言書作成の流れ

    遺言書を作成するにはまず、自分の財産がどれだけあるのかを把握しなければなりません。その上で相続人と相続割合、遺留分を確認します。 相続割合は基本的には民法に規定された法定相続分に基づいて決めら...

  • 所有権移転登記所有権移転登記

    所有権移転登記とは不動産登記のひとつで、土地や建物の所有権が移転した際に、そのことを法的に確定させるために行う登記のことをいいます。 土地や建物を売買した際や相続、贈与を受けた際など、不動産の...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット相続を司法書士に依頼するメリット

    遺言の作成や相続税の申告も、間違いなく進めるのはなかなか大変なことです。相続に関する手続きに不安を覚えるときは、専門家に相談するのが一番です。もっとも、相続手続きに関わってくる専門家は、弁護士や...

  • 時効取得等を使った不動産活用手続時効取得等を使った不動産活用手続

    所有権や不動産賃借権は時効によって取得することが出来ます。 時効によって土地や建物の所有権を取得するためには、①所有の意思のある占有であり②平穏かつ公然に占有する必要があります。 取得時効は占有...

  • 相続登記の流れ相続登記の流れ

    相続登記は以下のように進めていきます。 ①相続の発生(被相続人の死亡) 相続は、被相続人が死亡したときから開始します。相続は様々な期限が設けられているので、ご家族が亡くなり、気持ちの整理がつか...

  • 抵当権抹消登記とは抵当権抹消登記とは

    不動産を子どもなどに相続するとき、抵当権抹消の手続きを終えている必要があります。 以下、抵当権及びその抹消について解説します。 ■抵当権とは お金の貸し借りの際に、借主が返せなくなる場合を想定...

八木貴弘司法書士事務所が提供する基礎知識

  • 財産管理契約

    財産管理契約

    財産管理契約とは、 預貯金や不動産などの財産について、本人に代わっ...

  • 親や配偶者が借金を残して死亡した場合

    親や配偶者...

    相続の対象となる財産には、預金や家、土地などといったプラスの財産だ...

  • 相続登記の流れ

    相続登記の流れ

    相続登記は以下のように進めていきます。 ①相続の発生(被相続人の...

  • 相続を司法書士に依頼するメリット

    相続を司法...

    遺言の作成や相続税の申告も、間違いなく進めるのはなかなか大変なこと...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    再婚相手の...

    亡くなった方(被相続人)とその再婚相手の連れ子が養子縁組している場...

  • 会社廃業・休業・倒産の違い

    会社廃業・...

    会社廃業・休業・倒産は、それぞれ違います。 ■会社の廃業とは 会...

  • 公正証書の必要書類

    公正証書の...

    公正証書に必要な書類としては、遺言者に関する書類、財産を受け取る人...

  • 相続人の優先順位とは

    相続人の優...

    相続にあたり、民法上、誰が財産を相続できるかについて、法定相続人が...

  • 債務整理のメリットとデメリット

    債務整理の...

    多額の借金を背負った場合には、返済や借金の整理を行っていく必要があ...

八木貴弘司法書士事務所の主な対応地域

相模原|町田|八王子|神奈川県全域の市区町村
東京都全域の市区町村(23区含む)、その他地域も御相談の上対応可能です

ページトップへ