相続放棄の期限

八木貴弘司法書士事務所(神奈川県相模原市/緑区)|相続放棄の期限

  1. 八木貴弘司法書士事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続放棄の期限

相続放棄の期限

相続放棄をする場合、申述人は相続開始日または相続人になったことを知った日から3ヶ月以内に行わなければなりません(この3ヶ月の期間を熟慮期間と呼びます)。熟慮期間にどうしても決まらないときは、家庭裁判所に熟慮期間の延長を申し立てることもできますが、熟慮期間の延長は財産調査にかなり時間がかかっている場合など、正当な理由があるときだけです。そのため、安易に延長できると考えるのは危険なので注意しましょう。

なお、熟慮期間延長の申し立ては、以下の書類が必要となります(相続放棄申立人と被相続人の関係によっては、別途必要となる書類を追加する必要があります。その書類は、相続放棄申述に必要な書類と同様であるので、「相続放棄の必要書類」をご確認ください)。

・申立書
・被相続人の住民票の除票(または戸籍の附票)
・延長を求める相続人の戸籍謄本
(※利害関係人からの申立ての場合は利害関係を証する資料(親族の場合、戸籍謄本等)も必要となります)


それではもし、熟慮期間が過ぎた後に、新たに借金が存在することが判明したときはどうすれば良いのでしょうか。この時、その相続人にやむを得ない事情があると認められれば、例外的に「債務(=借金)があることを知ったときから3ヶ月以内」であれば、相続放棄が認められる可能性があります。
もっとも、これも認められる可能性が非常に少ないため、念には念を入れてしっかり財産調査を行い、相続開始から3ヶ月以内に決断することが大原則であることを覚えておきましょう。


八木貴弘司法書士事務所は、相模原を中心として、町田や八王子など関東全域の相続に関する相談を承っております。「相続登記をしたいけど自分一人でできない」、「相続放棄したいけど手続きがわからない」、「相続手続きを専門家に任せたい」などのお悩みにお応えいたしますので、相続問題にお困りの際は、当事務所までお越し下さい。

八木貴弘司法書士事務所が提供する基礎知識

  • 法定後見制度

    法定後見制度

    法定後見制度は、本人の判断能力が不十分である場合に、本人を法律的に...

  • 遺言書にはどれくらいの効力があるか

    遺言書には...

    被相続人は「遺言書」を作成することで、相続の内容について希望通りに...

  • 再婚相手の連れ子に相続権はあるか

    再婚相手の...

    亡くなった方(被相続人)とその再婚相手の連れ子が養子縁組している場...

  • 遺言作成を司法書士に依頼するメリットとは

    遺言作成を...

    遺言の作成は、大きな財産を扱うものであり、またご自身が亡くなった後...

  • 建物明渡

    建物明渡

    不動産賃貸借を営む上で悪質な賃借人に対して、裁判所の判決を得ること...

  • 任意後見制度

    任意後見制度

    任意後見制度とは本人が契約の締結に必要な判断能力を有しているときに...

  • 自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

    自筆証書遺...

    遺言には公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3種類ありますが...

  • 遺言書が無効になるケース

    遺言書が無...

    ■遺言書の種類 遺言は、死後の法律関係を定めるための最終意思表...

  • 成年後見制度とは

    成年後見制度とは

    成年後見制度は精神上の障害 (知的障害、精神障害、認知症など)によ...

八木貴弘司法書士事務所の主な対応地域

相模原|町田|八王子|神奈川県全域の市区町村
東京都全域の市区町村(23区含む)、その他地域も御相談の上対応可能です

ページトップへ